ログレス
ログレスいにしえの女神攻略ガイド
古代機十六夜の使い方と解説!

剣と魔法のログレス いにしえの女神 | ログレス 古代機十六夜の使い方と解説!

最終更新 : ログレス攻略班
古代機十六夜の使い方と解説!

ログレスの古代機十六夜の解説記事です。性能や使い方について分かりやすく解説しています。

目次

古代機十六夜の詳細な性能はこちら

古代機十六夜の性能解説!

古代機十六夜のバナー

古代機ペルセポネがベース

古代機十六夜の必殺スキルは、古代機ペルセポネと同等のスキル効果だ。リロ短・多段化・バフ・ダメリミ固定と、火力増強のための効果が一通り揃っている。ただ、覚醒スキルはペルセポネとは全く違う性能なので、その点を詳しく解説していこう。

タップで十六夜の覚醒スキル性能を開く

シミュレート・月兎狂葬

使用回数2回
ビット消費量1
魔銃の必殺覚醒単体攻撃スキルの対象を全体にする(60秒)
※この効果は重複しない
※一部古代機必殺スキルの同様の効果と重複しない
ラビットバーストストライク解放(60秒)
・魔銃の必殺・覚醒攻撃スキルのブラッククリティカル解放
・ブラッククリティカルのダメージ上限を60億にする
・マジックストライクの発動を無効化
※この効果は重複しない
※一部古代機必殺スキルの同様の効果と重複しない
魔銃の必殺・覚醒スキル威力を魔剣相当に変換(60秒)
※この効果は重複しない
※一部古代機必殺スキルの同様の効果と重複しない
シュミレート・月兎乱舞の効果と重複せず上書きされる
このスキルは多段化の影響を受けない
このスキルの効果は魔銃の必殺・覚醒攻撃スキルを4回使用すると解除される

シミュレート・月兎乱舞

使用回数2回
ビット消費量1
魔銃の必殺・覚醒攻撃スキル固定500回(60秒)
※一部スキルは効果が増加しない
※この効果は重複しない
※一部古代機必殺スキルの同様の効果と重複しない
魔銃の必殺・覚醒スキル威力を羅刹相当に変換(60秒)
※この効果は重複しない
※一部古代機必殺スキルの同様の効果と重複しない
魔獣の必殺・覚醒攻撃スキルのダメージ上限を5000万にする(60秒)
※この効果は重複しない
※一部古代機必殺スキルの同様の効果と重複しない
シュミレート・月兎狂葬の効果と重複せず上書きされる
このスキルは多段化の影響を受けない
このスキルの効果は魔銃の必殺・覚醒攻撃スキルを4回使用すると解除される

覚醒は切替式のバフスキル

十六夜は覚醒スキルが2種類あり、それぞれで特性が全く異なる。どちらもスキル効果は自身へのバフだが、2つの効果を同時に使用することはできない。状況によってバフを使い分けて戦えるのが、十六夜の最大の特徴であり最大の魅力だ。

全体攻撃&ブラッククリティカル!

月兎狂葬の画像

覚醒スキル「月兎狂葬」は魔銃の必殺スキルを全体攻撃化する。さらに効果中はブラッククリティカルが解放され、一部のビリオンバリアも破壊できるようになる。効果は4回までしか続かないが、ビット消費は1なので気軽に使っていこう。

驚異の攻撃回数500回!

月兎乱舞の画像

「月兎乱舞」は、魔獣の必殺スキル攻撃回数を500回に固定する。こちらも「月兎狂葬」と同様ビット消費は1で、効果が続くのは4回まで。500回は剣姫やアサシンでもなかなか出せない攻撃回数なので、マルチバリアを削るのに最適だ。

ダメージの上限は固定されている

ダメージ上限の画像

覚醒スキルはどちらもダメージの上限が決まっている。全体攻撃化の「月兎狂葬」は最大60億で、500回攻撃の「月兎乱舞」は最大250億。上限が固定なので、どれだけダメージリミットに近づけるかが重要だ。

最大火力を出すのは厳しい

「月兎乱舞」のダメージ上限は250億だが、現状の古代機鋼兵ではそこまで出すのは難しい。とは言え軽く100億以上は出るので、ダメージとしては十分な性能だ。

古代機ペルセポネとの比較

ベースとなったペルセポネとの比較

古代機十六夜とベースとなった古代機ペルセポネでは、どういった違いがあるのかを比較してみる。必殺スキルは同じ効果なので、主に覚醒スキルの効果について触れていこう。

古代機ペルセポネの覚醒スキル性能を開く

ペルセポネ・デストロイヤー

消費ビット5~10
【固定ダメージリミット】49億
スキル中のみ自身の魔攻アップ
【ビット消費量に応じて効果量アップ】
固定ダメージリミットが増加(最大199億9999万)
スキル威力が上昇
スキル中魔攻上昇量が増加

ペルセポネ・ソウルリンク

ビット消費なし
【ダメージリミット】+2000%(最大2億9999万ダメージ)
※合計149億9999万
【マジックストライク】魔法追撃最大2
・与えたダメージに影響される(30%)
※ダメージリミット10億
自身の魔攻と闇属性が攻撃力に大きく影響する
光属性の敵に対しダメージリミット+300%

全体攻撃は十六夜の使い勝手がいい

「ペルセポネ・デストロイヤー」は使用するのに最低でもビットを5個溜める必要があり、最大火力の200億を出すには10個も必要になる。その点「月兎狂葬」は、最大60億ダメージではあるがビット消費1個で出せるので使い勝手がいい。

十六夜はギミック対応力が高い

十六夜1本あるだけでビリオンバリア・マルチバリア・魔法バリアなどの対処が可能であり、さらに全体攻撃まで出来るので汎用性が非常に高い。活躍できるクエストの範囲が広いのは魅力。

純粋な火力はペルセポネが上

覚醒スキルのダメージ上限だけで見れば十六夜の方が高いが、マジックストライクの追撃も考えると、総ダメージはペルセポネが高くなる。ペルセポネのマジックストライクは少し特殊なので、以下の記事で確認しておこう。

ペルセポネのマジックストライクはここで解説

使い分けが重要

マジックストライクの追撃分まで計算すると、火力はペルセポネの方が上。対して十六夜はバリア系への対応範囲が広く、汎用性が高い。火力が必要ならペルセポネ、ギミック対策には十六夜とクエストによって優劣は変わってくる。

古代機十六夜の使い方

各種バリアが登場するクエストで

ビリオンバリアやマルチバリアなど、対応したジョブでないと突破が難しかったギミックも、十六夜があればカバー出来るようになる。「マルチバリアが出るけどアサシン装備が無い」といった状況なら十六夜を持っていくのがいい。

全体火力&単体火力が必要な時に

雑魚複数+ボスが出現するようなクエストは、リーフの全体攻撃で雑魚処理をする。ただ、リーフは単体火力が低く、雑魚処理後は活躍できないことが多い。その点十六夜は、覚醒を切り替えればある程度の単体火力も出せるので、最後まで貢献が可能。

立ち上がりに時間がかかる

十六夜に限った話ではないが、ビットを展開するためのゲージ溜めに少し時間がかかるのは難点だ。立ち上がりが遅くなりがちなので、高速周回するようなクエストには、あまり向いていない。

ゲージが溜まりやすくなるアクセがある

難点としてゲージ溜めの時間を挙げたが、「バベルの古装-頭-」を装備すれば、多少補う事ができる。入手方法は限られるが、ゲージの増加量を増やすことが出来るsので、スキルレベルが上がっているようであればぜひ装備しておきたい。

※全てのコンテンツはGameWith編集部が独自の判断で書いた内容となります。
※当サイトに掲載されているデータ、画像類の無断使用・無断転載は固くお断りします。

[記事編集]GameWith
[提供]Marvelous Inc. / Aiming Inc.
▶剣と魔法のログレス公式サイト

攻略記事ランキング
  1. 剣姫の最強テンプレ装備
    剣姫の最強テンプレ装備
    1
  2. いにしえの王者Lv46〜50攻略
    いにしえの王者Lv46〜50攻略
    2
  3. アサシンシュラウドのメダルの評価|シックスセンスVol.1
    アサシンシュラウドのメダルの評価|シックスセンスVol.1
    3
  4. 武器の評価一覧 | 絞り込み機能付き!
    武器の評価一覧 | 絞り込み機能付き!
    4
  5. 古代機鋼兵のテンプレ装備
    古代機鋼兵のテンプレ装備
    5
もっとみる
この記事へ意見を送る

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


攻略メニュー
最新情報
ガチャシミュレーター
リセマラ情報
装備一覧
専用武器
魔神器
宝刀武器
基本武器
初心者向け
イベント攻略
ゲームを探す
Gamewithでゲームを探す
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中
×